キーワードは「学歴」「実務経験」「保有資格」

img_08

多くの士業資格において設定されている「受験資格」ですが、もちろん、社会保険労務士試験も誰にでも挑戦できる試験ではありません。

ここでは、社会保険労務士試験の受験資格についてご紹介しておくことにいたしましょう。

社会保険労務士試験の受験資格は、タイトルの通り、

「学歴」「実務経験」「保有資格」

のいずれかを満たすことでクリアできます。

具体的な要件は、下記のサイトで詳しく説明されていますが、簡単にまとめると下記の通りです。

参考⇒社会保険労務士試験オフィシャルサイト『社会保険労務士試験の受験資格』

<学歴>

  • 高等専門学校、短大、大学卒業

<実務>

  • 社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 3年以上、労働保険・社会保険手続きなどの人事・労務の経験がある者。

<資格>

いかがでしょうか?社会保険労務士試験に挑戦される皆さんは、いずれかの受験資格を満たしているでしょうか?

万が一満たせていない場合には、そもそも受験することすらできませんのでご注意ください。

ちなみに、社会保険労務士試験の受験資格は、「この講習を受講したら満たせる」といった類のものではありません。
受験資格自体は比較的幅広く設定されていますが、念のために確認しておきましょう。

社会保険労務士試験の受験資格については、よく「高卒でも受験できますか?」といったご質問を目にすることがあります。

結論からいえば、「高卒」のみの要件で受験することはできませんが、実務経験や国家資格の取得により、社会保険労務士試験の受験資格を満たすことができます。

国家資格については、受験資格が撤廃された行政書士試験であれば、高卒・実務未経験の皆さんにもチャンスがあります。