メインイメージ

「講義は繰り返し」で疑問解消

皆さんは学校の授業などで、「習った時には理解していたつもりでも、翌日にはすっかり忘れていた」といった経験をされたことはないでしょうか?
「学習には復習が不可欠」とはいえ、そもそも見直すべき論点や重要ポイントがしっかりと頭に入っていなければ復習さえもままならず、結局のところ何も習得できていないことになってしまいます。

かといって、自分自身で調べてその穴を埋めようとしたところで、なかなか上手くいかないものですよね。学生時代、復習や試験前の段階で「もう一度先生の話を聞くことが出来れば」と何度となく思われたことのある方も、決して少なくないでしょう。

資格試験対策についても、上記同様のことが起こり得ます。とりわけ、社会保険労務士試験レベルの難関ともなれば、一度ですべてを習得することはほぼ不可能。
理解が進みにくい箇所については、反復してインプットに努める必要があります。
そういった意味では、予備校通学で一度だけ授業を受けるよりも、通信講座で何度も講義の視聴が出来る方が、学習効果的には「断然良い」と言えるのではないでしょうか。

実際に、合格者の中には「社会保険労務士試験対策に通信講座を利用したからこそ、合格できた」と実感されている方が数多くいらっしゃるようです。
とりわけ、出題範囲とされている法律を初めて学ぶ方にとっては、当初はすべてが疑問だらけ。
一度話を聞いただけでは充分ではなく、何度も繰り返し講義視聴することでようやく内容を理解できるようになります。
その点においては、社会保険労務士試験対策に通信講座を活用した受験生の方が予備校通学者よりも、より効果的な学習を進められることになります。

これから社会保険労務士試験対策に臨まれる方は、通信講座を活用し、徹底的にポイント理解に取り組める体制を整えるのが得策です。
「講義は納得いくまで繰り返し視聴」が合格のカギになります。

≪ previous  next ≫

社会保険労務士になろう!通信講座比較ガイド