メインイメージ

LEC

書店の『でる順』シリーズでおなじみのLEC。
社会保険労務士通信講座は、目的別のコース設定が充実している点に特徴があります。
基本となるスピード合格講座に新合格講座、新担任生講座の他、短期ゼミとして横断や法改正、年金攻略、白書攻略など、多彩なラインナップの中から自由に選べるのが魅力です。
しかしながら、こうした講座の充実ぶりはメリットである反面、「ついつい取りすぎてしまう」「知識が整理できず、混乱してしまう」などの失敗を引き起こす原因にもなります。
初学者が社会保険労務士通信講座を活用し、短期間で合格を目指すには、少々敷居の高い学校であると言えるのかもしれません。

◆テキスト
大手予備校らしく、テキストの内容は大変充実しています。
しかしながら、範囲が膨大であるのに加え、ページ展開がモノクロのため、要点が見やすくまとめられていません。
また、比較的詳細な知識にまで言及しているため、初学者の場合には消化不良に要注意です。

◆講義
通常、通学メインの大手予備校の中では唯一、社会保険労務士通信講座用に映像を収録しています。
画像ではページを見やすく立体的に加工しているため、視覚的なインパクトは十分です。

◆サポート体制
質問応対や受講相談といった通常のフォローの他、合格後のサポートにも力を入れているのがLECの社会保険労務士講座の特徴です。
LEC受講生であれば、実務講習受講時にも割引があるので、お得に受けることが出来ます。

◆受講料
新スピード合格講座 135,000円~
新合格講座     233,000円~
コースによって差があり

≪ previous  next ≫

社会保険労務士になろう!通信講座比較ガイド