メインイメージ

やっぱり心配、通信講座のクオリティは?

 実際に社会保険労務士対策の通信講座を受講する際には、ぜひ比較しておきたいのが「講義の質」。講義内容はアナタが習得する知識に直接関わってくるわけですから、検討の際の最重要ポイントであると言えるでしょう。

 通信というと、どうも「受講してみたら粗悪な講義でガッカリ」という心配がつきものです。予備校の場合には、体験授業を通して事前にどんな講義かを知ることは出来ますし、途中でクラスを変更することも可能です。
ですが通信講座の場合、講師はただ1人のケースが多いですし、受講を開始してしまえば「これはちょっと・・・」と思っても途中で解約することは難しいです。

 私自身、社会保険労務士対策の通信講座を受講する際には、色々と比較しましたね。
結論として、「サンプル講義を提供している講座であれば間違いない」ということは断言できるような気が致します。
公式HPで確認すると、DVDやWEBで実際の授業を体験できるかどうかが分かりますから、気になるものはどんどん受けてみるのが良いですね。
逆に、サンプルの類が全くない通信講座は要注意、クオリティに難アリのケースが目立つ傾向にあると言っても過言ではありません。
内容に自信のない証拠、とも見て取れるからです。

このように、通信であっても体験できるかどうかは、社会保険労務士通信講座を比較するポイントのひとつとなります。
「通信はイマイチ」の思い込みを捨て、実際に試聴してみることで、講座のクオリティは十分判断できるでしょう。

≪ previous  next ≫

社会保険労務士になろう!通信講座比較ガイド