メインイメージ

なぜ「通信」なのか?

 さて、冒頭から「社会保険労務士には通信講座がオススメ」というお話をいたしましたが、それでも「やっぱり予備校の方が安心感がある」「お金がないから独学で」などという理由から、通学講座や独学を選択する受験生もたくさんいらっしゃると思います。
ですが、あまり色々と検討せず安易に学習方法を選んでしまったがために、途中で挫折してしまうというケースも決して珍しくありません。
こうした失敗は、特に仕事を持ちながら社会保険労務士資格を目指す社会人に多いようです。
このページでは、社会保険労務士受験になぜ通信講座がオススメなのか、他学習法と比較しながら解説していくことにいたしましょう。

 社会人の資格受験の場合、どうしても課題となってくるのが「時間やお金の捻出」であると思います。
とりわけすでに家族を持っている社会人受験生の場合、自由に使える時間やお金というのは限られています。仕事をしながら家族サービスもして、その上で勉強・・・、こうなると相当ハードな状況になることは目に見えていますね。
しかしながら、資格取得を最優先し無理やり予備校に通学することで、仕事や家族に対しておろそかになってしまえば、思わぬ不協和音を生むことにもなりかねません。
そうなったら、落ち着いて学習できる環境自体に必ず影響が出てくるはずです。

 だからと言って、安易に独学を選択するのも得策ではありません。
独学の場合、教材選びから学習スケジュールまですべて自分に委ねられているため、独りよがりの勉強になりがち。合格までに何年も費やしてしまうケースがほとんどです。
それでは到底効率の良い学習とは言えませんね。

 その点、通信講座であれば今の生活の中で無理なく実践でき、しかもプロの講義を受けられるため、社会人でも着実に合格を目指すことが出来ます。
しかも、予備校で講義を受けるよりも断然リーズナブルです。

 「社会保険労務士資格受験には通信講座がオススメ」というのは、学習法を比較すればするほどますます実感できますね!
合格したい社会人は、通信を選びましょう。

≪ previous  next ≫

社会保険労務士になろう!通信講座比較ガイド